The 2010 APS/URSI Symposium is the premier international forum for the exchange of information on state-of-the-art research in antennas, electromagnetic- wave propagation, radio science, and electromagnetic engineering. This event will be held on July 11-17, 2010 at the Sheraton Centre Hotel in Toronto, Ontario, Canada. The symposium and meeting are co-sponsored by the IEEE Antennas and Propagation Society (AP-S) and CNC/USNC/URSI. The symposium generally attracts over 1,500 attendees from around the world.

The 2010 APS/URSI Symposium is the premier international forum for the exchange of information on state-of-the-art research in antennas, electromagnetic- wave propagation, radio science, and electromagnetic engineering. This event will be held on July 11-17, 2010 at the Sheraton Centre Hotel in Toronto, Ontario, Canada. The symposium and meeting are co-sponsored by the IEEE Antennas and Propagation Society (AP-S) and CNC/USNC/URSI. The symposium generally attracts over 1,500 attendees from around the world.

「結婚する」ということは、定期的、固定的な性生活を開始することを意味することもある。結婚を控えているか、結婚したばかりの新婚夫婦なら、妊娠、避妊など性生活の常識もよく知っておく必要の健康夫婦生活をすることができる。

その中でも、妊娠と避妊などの情報は、様々な経路を介して接することができますが、「性感染症」に関する情報は内密にして、簡単に触れていない場合が多い。

結婚を控えた予備夫婦と結婚したばかりの新婚夫婦の健康夫婦生活のために最もよい医療財団第一病院(院長キム・ジェウク)の助けを借りて、性感染症の種類や症状、予防法、治療法をまとめた。

性病とは?

性病は、主に性交に細菌やウイルスが伝染する感染症である。近年では性器の接触、口、肛門などを別のパスからも感染がされている。

性病は性行為をするすべての人から発生することがあり、代表的な大人の性(性因性)疾患では淋病、梅毒、軟性ハガム、性病性リンパ肉芽腫、鼠径部肉芽腫などがある。最近では、淋病と梅毒などの古典的な意味の性病より非イムギュンソン尿道炎、性器ヘルペス、サミョンバルニ、エイズのような大人の性疾患がさらに猛威を振るっている。

性感染症は、一般的に性交した後、潜伏期間を経る。尿道に不快感があったり、頻繁に尿がマリョプたり、尿見たときに痛みがあったり、膿や分泌物が生じたり、性器の周りの皮膚の異常などの症状があるときは、性感染症を疑うことができますので、産婦人科や泌尿器科専門医を訪ねて行くのがいい。

淋病

淋病は直接性交のほかフェラチオ、キス、性器接触、肛門性交など、どんな形の性行為でも感染されている病気である。

感染初期には症状が表示されない症状があっても、感染するかどうかを知らずに治療をしていない。女性は黄色か黄緑色の膣分泌物が出てきて、時には腰が痛む症状を見せ、男性は排尿時に刺すような痛みを感じたり、ペニスの先端から膿のような黄色の分泌物が出ることもある。このような症状があるときは、必ず病院を探して培養検査を介して病気を確認する。

全身的な淋病は関節炎、心内膜炎、心臓筋炎、髄膜炎に表示されることができ、不妊につながることができますので、必ず治療する。妊娠中淋病に肝炎になると、早産、または子宮内胎児の成長を遅らせることができる。

治療は、抗生物質を使用して、感染時の相手の感染の有無も確認して一緒に治療する。淋病菌は熱乾燥した状態に弱いので下着を茹で天日に干して着ても予防される。

◇ヘルペス(陰部ヘルペス)

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスⅡ型による急性炎症性疾患である。やはり直接性交のほか、性器の摩擦と口腔性交によっても伝染する。

単純ヘルペスウイルスⅠ型は過労で疲れている場合、口の周りに水ぶくれが生じるが膣ヘルペスの10〜15%は、このⅠ型ウイルスによって発症される。一度感染すると発症部位がよいが菌は消えず、背骨の近くのフグン神経節に潜伏しているが、飲み過ぎ、過労、ストレスなどによって再発して完治していない。

猫に水ぶくれができて、その部位が苦い感じがして、脚の付け根リンパ管がむくみウォーキング難しくなることもある。また、熱が出て無力感などの症状も現れる。水ぶくれが破裂しながら、その部位がくぼみファン潰瘍がされ、他の細菌感染症が存在しない場合、そのまま治る。

母親が感染した場合、新生児の目や神経に後遺症がある可能性があるという報告があり、ひどい死亡することもできる。まれに胎盤を介して胎児にも感染することができるという報告があり流産、死産、早産などの危険もある。

クラミジア

クラミジアはChlamydia trochomatisがバクテリアに直接性交のほか、愛撫や前戯などの間接的な接触、感染した手でも感染が容易になる。母親が感染したとすれば、自然分娩時新生児60〜70%が感染し、このうち50%で結膜炎、新生児アンヨムがよく現れる。

感染時猫と肛門部位に赤い発疹や炎症の症状が現れることもありますが、女性75%、男性の50%が感染しても、特別な症状がない。しかし、その後、子宮ギョンブヨム、尿道炎、子宮グァンヨム、ゴルバンヨムのような症状が現れ、このため、不妊になることがありますので、注意しなければならない。

コンジローマ

ゴンジルムは性器や肛門の周りにキャベツやダルビョト形で広がるいぼだ。バクテリアは、human papilloma virus(HPV)である。外陰部、膣、頚部、肛門など性交中に外傷を受けやすい部位に、主に発症し、発見された部位に応じてソンギョトンと外陰部のかゆみ、排便時の痛みと出血症状を有することができる。

潜伏期間は2〜3ヶ月で、この時期には、感染した事実を知らずに過ごすことができる。男性が女性よりも2倍の発症率が高い。
性的接触で感染され、妊娠中の胎児に感染することができる。合併症として子宮頸がんを引き起こす可能性があり、陰茎癌や肛門癌な ​​どの他の部位のがん誘発することができる。

ゴンジルムは妊婦がない場合は薬を塗って溶かし出したり、外科的切開やレーザーなどで除去することができる。

◇梅毒

梅毒は、主に性行為を介して感染され唾や精液、膣分泌液を通じて伝染される。スピロヘータに属するトレフォーエネマ売れるドゥーム(Treponema pallidum)が原因菌で伝染性が強い。性行為中皮の傷に侵入する人の体の外では、12時間以上住んでいず、石鹸や水に触れると死ぬ。痛みがなく、患者も知らないうちに通り過ぎ祈りが2基、3基梅毒に進行することができますので、必ず治療しなければならない。

母親が妊娠中に梅毒菌に感染したとすれば、妊娠18〜20週以前には、胎盤がシールドが、その後は、胎児に感染して遺産、死産することができ、梅毒菌が胎盤を通過して、新生児が先天性梅毒患者になることがある。感染した胎児は、ほとんど死産しますが、生存して生まれたとしても、すぐに死亡したり、深刻な奇形児になる。

後天性梅毒は1期梅毒、2期梅毒、潜伏梅毒、3期梅毒に分けられる。

1期梅毒は、京城ハガムとリムプセムが腫れる症状に潜伏期間は10〜90日程度である。発症後2〜6週間後に自然になくなる。京城ハガムは痛み性丘疹で、痛みのない固体潰瘍が口腔や顎、外陰部、肛門に表示される。周囲のリムプセムが大きくなって頭痛があったり、全身が倦怠ロブたり、体温がわずかに上昇することもある。男はペニス、亀頭など女性は外陰部に潰瘍が発生する。

2期梅毒感染後6週間〜6ヶ月後に表示される。様々な形で体全体の皮膚や粘膜に現れる毛細血管出血、微熱、のどの痛み、頭痛、全身の倦怠感、エリア、便​​秘、筋肉痛、のどの痛み、関節痛、食欲不振、体重減少、かすれ声な​​どの症状が現れる。髪の毛が点のように落ちることもある。外陰部の周りにいぼ似たような扁平コーンディルロムが生じる。治療せずに症状が2〜6週間後に消える。治療時5〜7日以上ペニシリンを投与する。

潜伏梅毒は、臨床的な症状がない梅毒である。感染後1年以内には、早期潜伏梅毒、それ以降は後期潜伏梅毒という。梅毒の2基が経過した後、数ヶ月あるいは数年持続することができる。

3期梅毒は感染後10〜20年が経過した後表示される。皮膚、骨、肝臓などに顆粒性病変を示し州症状は、神経梅毒に中枢神経を変性させる。毎毒性ゴム、紙、外陰部に生じ壊死と潰瘍も多く表示される。深刻な心臓病、眼疾患、中枢神経系障害、毎毒性精神障害、失神、発光、失明などの原因となることがあり、最終的には死亡にまで至る。

AIDS(Acquired Immune Deficiency Syndrom)

後天性免疫不全症候群(エイズAIDS)は、免疫不全性ウイルス(Human immunodeficiency virus-HIV)に感染して免疫機能を低下する疾患である。ほとんどの人は、病原体に感染しても、人体内で自ら抵抗して制御して正常な状態に回復することができますが、HIVは感染するとT-細胞の機能を抑制して、免疫機能を低下させ、病原体に対抗して戦うことができない単純な感染であっても深刻な病気に進行することができる。

エイズは感染者との性的接触、汚染されたり消毒されていない注射器、針、カミソリの刃、歯ブラシなどによる傷、感染した母親から生まれた新生児、感染した人の血液や血液成分で製造された製剤の輸血などを介して感染する。

男性患者の精液はHIVが多く存在するため、肛門性交時肛門周囲や職場の薄い粘膜に傷を私に場合は、この傷を介してエイズに感染することができる。女性患者も女性の膣分泌物もHIVが多く存在するため、異性間の接触によっても感染することができる。

エイズ感染の症状は多様である。一部の患者は、初期感染の段階に熱が出て冷え、筋肉痛、関節痛、異常な赤い斑点や白い斑点、腹部痙攣、下痢などの症状を示す。首、脇の下のリムプセムが腫れたり、口がなく、疲労感を感じることもある。

HIV感染者は、短い急性HIV症候群を経た後に、長い潜伏期間に入る、これまでの体は、活発なウイルス増殖と免疫系の破壊を続けて病気に対する免疫を失うことになる。免疫を失った身体は合併症が得られ、このため、死亡することもできる。主な合併症は、呼吸器疾患、消化管疾患および皮膚疾患などがあり、カポシ肉腫という癌に発展することもできる。

現在までにエイズを完治する方法はありません。

性病の予防

性病を予防するためには何よりも、きれいな身体を維持しなければならない。また、性交をするときは、必ずコンドームを使用する。コンドームが性感染症を100%防ぐことはできませんが、感染するかどうかがわからない唾液の接触を最小限にするのが良い。

特に性病を治療する際にどのような種類の感染症でも完治するまで性的接触を避けなければならない。性病は自然治癒されている場合がなく、伝染性が強いので、ぜひ治療を受けなければならない。再発防止のために必ず相手も一緒に治療を受ける。何よりも、複数の人とセックスをするよりも、固定的な一人との関係を結ぶことがいい。

出典:カラダの教科書